白馬岳登山3日目

3時に起きる。朝から強風。しかし、ここは風が吹き込む場所だし、待ってても仕方ないので出発の準備を始める。この日は朝日岳まで長い縦走なので早めに出発(4時発予定だった)するつもりが、なんだかんだで6時頃になる。何気にテント場から山頂までの登りはきつい。この日も快晴。雲海が素晴らしい。三国境でウェアーなどを脱いでシャツになったが、ここで誤算。時計をそこに置いてきてしまった;誰が拾ったかな…protrec。そこから雪倉岳避難小屋までは下りがメイン。草原も美しく、天気も良いので気持ち良かった。雪倉岳の登りはきつそうに見えたが、意外とテンポ良く登れたので、それほど疲れは感じなかった。しかし、雪倉岳から朝日岳までのひたすらの下りはきつい。一気に下る。ひたすら下る。そして、登る。一気に登る。ひたすら登る。そして朝日岳山頂。雲ばっかり。せっかくの360°展望だったのに残念だった。そして朝日小屋までの下りがまたきつい。ここまでの疲れがあるからとにかくきつかった。そして思った以上に遠い。この日の全行程にかかった時間は7時間だった。夜中には雲もとれ、きれいな星空の下、少し早めに寝ることにした。明日は、朝日岳で朝日を見るぞ。