残留ラッシュ

マジョルカFW大久保嘉人(22)が先発出場したが、得点には絡めなかった。試合は0−1の後半43分にマジョルカが同点に追いつきドロー、強豪ベティスから勝ち点1を奪い、10勝9分け19敗の勝ち点39とした。この日、残留を争っていたレバンテが敗れたため、マジョルカは17位に留まり、降格を逃れた。

フィオレンティーナが勝って残留を決めた。残留には勝つのが最低条件とあり、序盤から攻める。前半43分に得たPKをミッコリが冷静に決めて1−0とリード。後半も攻め続けて14分にヨルゲンセン、21分にリガノとゴールを決めて完勝した。

レジーナが自力で残留を決めた。引き分ければ文句なく残留、しかもアウエーとあり序盤から引き気味にしてゴール前を固める。後半28分にCKを得たところで、ベンチスタートだったMF中村俊輔(26)をキッカーとして投入、セットプレーから1点を狙ったが、相手DFにクリアされた。

まぁ、良かったね。