読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なんだこりゃー

えーと、サッカーの後にフジテレビにチャンネルを変えると、ちょうどフォーメーションラップの場面。トゥルーリのP.Pを楽しみにしていたら…あれ?ピットイン?そして、ライコネンも、その後ろに続くのは全てミシュラン勢。そしてグリッドにはブリヂストンタイヤを履く、フェラーリとジョーダンとミナルディのみの6台。どーゆーことだと思ったら、事の発端はR.シューマッハの事故みたいですね。タイヤの安全性が確保できないということで前者棄権と。ミシュラン勢が最終コーナーにシケインを設置することを求めたり、別のタイヤを空輸することを求めたけどFIAは了承しなかったってことみたいだね。いやぁ、それにしても赤い車のランデブー走行を73周も見せられた観客はどんな思いだったんだろ。過去最低のレースだったことは間違いない。でもって、今期のタイヤレギュレーションが最悪だと言うことも間違いない。こんなだと、どんどんF1離れしていっちゃうよ。まぁ、根本的な原因はタイヤレギュレーションだと思うけど、ミシュランの仕事もどうなのかと疑問に思うよね。

琢磨
このサーキットは昨年、初めて表彰台に立った相性の良い舞台でもある。「本当に残念な結果だし(ファンに)すごく申し訳なく思う」とうつむき加減になった。最後は自分に言い聞かせるように「ヨーロッパに戻っていいレースをしたい」と口を閉じた。