弁護側は無罪を主張 奈良・騒音傷害事件の被告初公判

http://www.asahi.com/national/update/0627/OSK200506270046.html

CDラジカセで大音量の音楽を流し、隣人を体調不良にさせたなどとして、傷害と暴行の罪に問われた奈良県平群町若葉台3丁目、無職河原美代子被告(58)の初公判が27日、奈良地裁奥田哲也裁判長)であった。河原被告は音楽を流したことは認めたが、「体調不良を引き起こさせるつもりはなかった」と述べ、暴行についても否認。弁護側は両罪とも無罪を主張した。

昨日のワイドショーとニュースはどこもかしこもこればかり。いや、なかなか楽しく拝見させていただきました。笑わせて頂きました。判決が楽しみでなりません。僕も、サザンの曲を裁判で争うほどの大音量で聴いてみたいものです。おーどろよ、ぼでぃすぺしゃる、おーいぇー♪