風の歌を聴け

読了。村上春樹のデビュー作ですが、イクヤに借りました。んで、一日で読んじゃいました。
海辺のカフカねじまき鳥クロニクルと読み進めた自分にとっては、非常に軽く、読みやすかったし、本も薄いと。これは青春作品だと思う。非常に不器用だし、退屈してるんだけど、これも青春。その当時は退屈に感じても、何年かして思い返すと、自分にとって重要な時期だったと思えるんだろうな。
そんな感じで読んでたら、ふと思った。イクヤっぽいと。この小説の中にイクヤを感じると。そしたら、案の定、学校で「こういう人間になりたかった」て言ってた。この本に影響されたんだな〜てのがよく分かったよ。
それにしても、外で読みたくなった時用にいつも持ち歩くような本と巡り会えている事が非常に羨ましい。
『自分の事を半分しか語らない事がクールだと思っていたら、自分の事が半分しか語れない人間になってた』