読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

孤独の太陽 by 桑田佳祐

壊れそうな 待ちぼうけのシャドウ
誰も愛せず太陽に揺れている
心病んで 立ち止まるたび
風が織りなす悲しみの歌を聞く
若過ぎた 夏でさえ
今よりも愛のそばにいた
Silence 真っ白な空の下
メリーゴーランド
独りでずっと廻してる

また他人を 裏切りそうで
出逢う事が この頃は恐いんだ
淋しさは 辛いけど
鍵をかけ部屋の中にいる
Silence 僅かな音も無い
メリーゴーランド
流れる景色 憂いてる
生きるには重過ぎた過去
誰かをいつも傷つけた
Silence 真っ白な空の下
メリーゴーランド
独りで今日も廻してる