(前日本代表監督・トルシエ氏インタビュー〉 最も大事な初戦、意識を高めて速さと技を生かせ

http://www2.asahi.com/wcup2006/special/express/01.html

――他に驚きは?
「松井が外れたのが最大の驚きだ。パスの出し手であると同時にクリエーターでもある松井は、攻撃にプラスアルファをもたらせる選手だ。テクニックと突破力があり、中盤の両サイドとトップ下も出来る。フランスでシーズンを通して働き、評価も高い。彼はチームに必要だ」

――システムは3・5・2と4・4・2の両方が考えられます。
「選手に自信を与えるのは3・5・2だろう。やり慣れたシステムで、着実にこなすことができる。4・4・2はより攻撃的だが、日本にはまだ中央を2人のディフェンダーで守る文化はない。三都主の左サイドバックは不安だし、宮本も中央で相手FWと1対1で対応するのは心もとない。松田を呼ぶべきだ。基本は3・5・2で、オプションとして4・4・2を加えるのがいいのではないか」

『松田を呼ぶべきだ』←ここ重要。