読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

レクイエム

WC

ジーコジャパンが最悪のスタートを切った。オーストラリアの猛攻に耐え続けて迎えた前半26分、MF中村俊輔(27=セルティック)が右サイドからゴール中央へ柔らかな浮き球のクロス。相手GKシュワルツァーとFW柳沢、高原が競り合う中、ボールはそのままゴールネットに吸い込まれた。
高さとパワーあふれるオーストラリアの猛攻を、その後もGK川口、DF宮本らを中心に懸命にしのぎ勝ち点3は目の前…と思われた終盤に落とし穴が。後半39分から立て続けに3点を奪われ、勝ち点3どころか黒星という最悪のスタートとなってしまった。
日本代表は18日にクロアチアニュルンベルク)、22日に連覇を狙うブラジル(ドルトムント)と戦う。

後半39分までは勝ち点3、後半44分までは勝ち点1、ロスタイム…勝ち点0。何故日本は負けたか。チャンスで追加点を取れなかったから。先制点だってうまく崩して取った点じゃないし、あれはキーパーチャージっぽいし、結局形を作って取った点じゃないわけで、そこは課題だな〜というか、この程度がジーコジャパンの4年間の集大成なわけですよ。そしてお疲れ様でした。ここからリーグ突破はかなり難しいと思います。最低でも勝ち点4は必要とすると…。。。
んで、オーストラリアは…器用なテクニカルなサッカーじゃなくてパワープレイだね。まぁ、体はでかいし、ボールを放り込んでドカドカと体で持っていくのが合ってるでしょ。残りわずかな時間での3得点は見事。クロアチアとブラジルを相手にどっちかドローに持って行ければリーグ突破も見えてくるか。
さー次はチェコ戦だ!!!