ドイツ2連勝♪

<1次リーグ:ドイツ1−0ポーランド>◇14日◇A組◇ドルトムンド
攻め続けたドイツがロスタイムにポーランドのゴールをこじ開け、連勝で勝ち点6として決勝トーナメント進出へ大きく前進した。
主将バラックがスタメンに復帰して攻撃の起点となり、サイド攻撃、セットプレーで再三チャンスをつくるが、FWのポドルスキ、クローゼがフィニッシュを決められなかった。後半35分すぎにポーランドMFソボレフスキの退場で数的優位に立ち、終了間際にポドルスキに代わったベテランFWノイビルが同じ途中出場のMFオドンコルのセンタリングを右足で合わせ、決勝ゴールを決めた。
ポーランドはドイツの猛攻をよくしのいだが、最後に力尽きて連敗。1次リーグ突破が非常に厳しくなった。

ドイツ♪ドイツ♪まぁ、あれだけ攻めてロスタイムまで得点できなかったってのは、ちょっと課題かな。ただ無得点に抑えたのは見事。これで、決勝トーナメント進出は決定的だね。やー良かった良かった。あとは、是非1位で抜けてくれ。

<1次リーグ:チュニジア2−2サウジアラビア>◇14日◇H組◇ミュンヘン
4大会連続4度目出場のサウジアラビアが後半ロスタイムに追いつかれ2−2で引き分けた。
前半23分、チュニジアがセットプレーから先制した。MFシェドリがけったFKのクリアがこぼれると、FWジャジリがジャンピングボレーで豪快にけり込んだ。1点ビハインドのサウジアラビアは後半12分、MFノールからのクロスをFWアルカフタニがダイレクトでシュート。同39分にはスルーパスを受けたFWアルジャバーがグラウンダーでゴール右隅に逆転弾を放った。試合は決まったかに見えたが、ロスタイムにチュニジアDFジャイディが強烈なヘッドを決めて同点とした。
サウジアラビアは1994年大会以来の白星を挙げることができず、勝ち点1を分け合った。

サウジアラビアは残念ながら、3大会振りの勝利ならず。今回アフリカ、アジア勢は苦戦だね。やっぱりヨーロッパ開催だと、順当にヨーロッパの強国が勝っていくね。

スペインが予想以上の点差をつけてウクライナに完勝し、初戦を飾った。前半13分にMFシャビの左CKをMFシャビ・アロンソが頭で合わせて先制。同17分にはFWビジャのゴール正面からのFKが壁に当たって追加点。後半2分にはビジャがPKを決め、同36分にもFWフェルナンド・トーレスがダメ押し点を挙げた。スピード、運動量で劣ったウクライナは後半に退場者を出したことも響き、エースのFWシェフチェンコにボールを集められなかった。

ウクライナシェフチェンコにボールを集められなかったのが敗因。ていうか、スペイン強い。なんだかんだで、本大会まで22試合連続無敗だし、今回は意外とノーマークだし、結構良い所までくるんじゃね?ウクライナは厳しいね。良くも悪くもシェフチェンコ頼みだから、うまくカウンターがはまれば…次戦に期待。


んで、日本はクロアチア戦は4バックでいくの?なんか、策も何もあったもんじゃねーなって感じ。3バックは崩されたから、4バックにします、みたいな。茂庭イマイチだったから4バックにします、みたいな。GK:川口、DF:三都主、中沢、宮本、加地、MF:中村、中田、福西、小笠原、FW:柳沢(ヘナギ)、高原ってとこか。