読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

news

サッカーJ1の横浜岡田武史監督(49)が23日、成績不振で辞任した。当面は今季からコーチを務めている水沼貴史氏(46)が監督代行として指揮を執る。24日に発表される。岡田監督は03、04年にチームをJリーグ王者に導いたが、05年は9位に低迷。就任4年目の今季は王座奪回を目指したが、この日大宮に敗れて6勝5分け8敗の12位と苦戦。その責任を取って、自ら決断した。24日からは水沼氏の指導の下、立て直しに着手する。

 名将とたたえられた男は、苦難のシーズンを全うすることができなかった。「勝ちにこだわる試合をしてくれ」。岡田監督が最後のメッセージを選手たちに送った大宮戦も、横浜はほとんど攻撃の形をつくれないまま敗れた。「練習でやっていないことを言っても、試合では急にできない」。試合後の会見も、自嘲(じちょう)気味の言葉のみで足早に後にした。選手たちからは、戦術の不明りょうさに戸惑う声も大きくなった。ついに、自ら監督の座を降りることを決意した。

ん〜、就任からの2年間はJ1制覇して順風満帆だったけど、ここ2年間はダメダメ…何がダメって、基本戦術に一貫性がなかったし手詰まり感たっぷりだったよね。あとはフロントも良くなかった。補強に本気さが伝わってこない。後任は水沼か…期待してます。