ジーコ監督がトルコで酷評、窮地に−失点多く「戦術ない」

http://www.sanspo.com/sokuho/0922sokuho030.html

サッカーのトルコ1部リーグ、フェネルバフチェの監督となったジーコ前日本代表監督が窮地に立たされている。リーグ戦6試合を終えて、4勝1分け1敗、勝ち点13で2位につける。リーグ最多の16得点で失点6。数字だけを見れば、新監督として上々の成績だ。だが、地元メディアに「更迭すべきだ」と酷評されている。
その理由は試合内容が悪いため。地元メディアは「戦術のない監督」「退屈極まりない試合」「1980年代のサッカー」「チームとしてのプレーがない」と批判する。

まぁ、結果は出てるからいきなり更迭は無いと思うけど、試合内容悪いってそりゃそーだろ。日本代表率いてた時も戦術なんてどこにもなかったじゃないか。そんなの今更。ジーコは良くも悪くも(良いトコ無かったけど)自分たちのブラジル代表を引っ張りすぎ。