読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

壊れた脳 生存する知

壊れた脳 生存する知

壊れた脳 生存する知

んーと、医学書ていうより一般的な読み物て感じだけど、これはセラピストに読んで欲しいな〜と。当然、高次脳機能障害を負ってしまった患者さんやその家族さんにも読んで欲しい。
セラピストは教科書の上で高次脳機能障害を勉強してて、なんとなく分かった気になってるけど、その内面から見える景色は全く想像できない。それにも関わらず分かった気に、あるいは理解してあげている気になってしまうのはどうなんだろう。内面から見えるその景色は、もちろん本書を読んでも僕にはなかなか想像できないことで、でも初めて患者である本人の内面から見た記述を読んで考えることが多い。
特に高次脳機能障害に弱い理学療法士の皆様には読んで頂きたい。