V フォー ヴェンデッタ

面白かったよ。
やや難解なストーリーに、見る側の教養を求められる感もあるけれど、強引さと演出を楽しみに見るのもありかな。ヒューゴ・ウィービングは結局最後まで顔出し無し。でも、そこがいい。これで顔出ししてたら、なんだか話が陳腐になっちゃう。「理念は死なない」と言いながら、マントの下に鉄板が入ってたあたりは、レトロで良かったw
ナタリー・ポートマンはやっぱいーね。
万人に勧められる映画じゃないけど、好きな人は好きな映画じゃないかな。
そだ、始め字幕で見てたんだけど、後で吹き替え見てびっくり。この映画というかDVDは、是非吹き替えをみることを勧めます。かなーり、内容が違って来ちゃいます。。。