納豆のダイエット効果をうたいながら、データの捏造(ねつぞう)が発覚したフジテレビ系の生活情報番組「発掘!あるある大事典2」について、制作した関西テレビは23日、放送を打ち切ると発表した。併せて、千草宗一郎社長の役員報酬30%の3カ月間カット、制作局長の解職など、役員4人、社員6人の処分も明らかにした。  
会見は開かず、文書による発表だった。またこの日、問題となった番組のホームページから、過去の放送の内容などを削除された。同局は「過去の情報を見て問い合わせをしてくる視聴者がいて、これ以上の混乱を避けるため」と説明している。同番組の有料携帯サイトサービスも今月いっぱいで終了すると発表した。

おー打ち切りになったか。まぁ、仕方ないよね。今までの特集だってどれだけ信憑性があったのか、全く信用できなくなっちゃったわけだし。見てなかったから、どーでも良い。