世論調査「世界に最も良い影響与えている国」日本が1位に

http://www.sankei.co.jp/news/060204/kok036.htm

調査は昨年10―12月に米州、欧州、中東、アフリカ、アジア各地域の33カ国で行われた。質問の対象となった国は日本、米国、中国、イランなど。
調査結果によると、日本が世界に「好影響」を与えているとの回答は、33カ国中31カ国で「悪影響」を上回り、平均すると好影響が55%、悪影響が18%だった。具体的に何が判断材料となったかについては触れられていない。
日本との関係が悪化する中国では16%対71%、韓国では44%対54%で、いずれも日本が悪影響を与えているとの回答が好影響との回答を上回った。半面、好影響との回答が多かったのはインドネシア(85%)やフィリピン(79%)。米国では66%が好影響と答えた。

これも必死すぎてワラタ。
33ヶ国中31国で日本は好影響ってことは、日本は悪影響て答えたの中国と韓国だけじゃん。もう必死すぎ。特定アジアの問題を蔑ろにするわけにはいかないが、少し方向転換というか、もっと日本を好いてくれる国と積極的に外交を行ってみては如何かと。まぁ、この2国は日本批判が国家の存在意義みたいなもんか。