読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

news

U−16(16歳以下)日本代表が、アジアの頂点に立った。日本は前回大会準優勝の北朝鮮に前半2点をリードされたものの、後半にMF柿谷曜一朗C大阪)FW端戸仁(横浜ユース)のゴールで同点。延長後半8分、15分にMF河野広貴(東京Vユース)が連続得点し、MF小野、FW高原ら「黄金世代」でアジアを制した94年大会以来、12年ぶりの優勝を果たした。
これが「新黄金世代」の強さだ。前半に2点をリードされても、日本は焦らなかった。中盤のパス回しでゲームを支配。クロスボール、ワンツーパス、ミドルシュートと次々に北朝鮮ゴールを襲った。「必ず追いつける。自分たちを信じろ」という城福監督の言葉を信じて、後半12分にチーム唯一のプロ選手、柿谷がゴール。同33分には柿谷のスルーパスに途中出場の端戸が走り込んで追いついた。
延長でも勢いは落ちなかった。後半8分、途中出場の河野がMF水沼主将とのパス交換でゴール前の密集を抜けて決勝ゴール。終了間際には再び河野が加点した。大会直前追加招集された男が見せた、土壇場での大仕事。「リトル・サムライ」たちは、トロフィーを手に喜びを爆発させた。
大会を通じ、日本はアジアに驚きを与えた。テクニックのある中盤は、大会の公式HPにも「ゴールデン・トライアングル」「ファンタスティック4」とまで紹介された。大会MVPに輝いた柿谷や水沼主将、山田、岡本らのテクニックは地元ファンをも熱くした。

やー昨日のやべっちFCで試合見たけど、前半2点先制されてどーなるかと思ったけど、後半は終始日本のペースで見事な逆転だったね。柿谷うますぎ。マリノスユースからも5人選ばれてるし、将来が楽しみだね。