歩行分析

今日っていうか昨日歩行分析して紙に書いてきてって言うから、ぱーっと簡単に書いてやったさ。もう床反力がどーとか、カウンターウェイトがどーとか細かいこと書かなくていーよね?一応歩行分析から問題点挙げて、それに対するアプローチを考察する部分で根拠として入れたからいーよね。実習中みたいな(特に評価実習で行ったトコ)書き方しなくていーよね。うん、言われたら修正すればいーさ。
病院のPTの勉強会でケーススタディをやってるんだけど、それようとは関係なく自分が受け持った患者さんの簡単なケースレポートってゆかレジメを作って蓄積していこうかと。経験を記憶に全て残せるだけの記憶力を持ち合わせていない自分は、どっか別の外部記憶装置に残さなきゃいけないのさ。整形もそーだとは思うけど、脳外の回復予想とかって、やっぱ経験が大きくモノを言う気がするんだよね。画像診断と、急性期の状態を見て予後をある程度予測できるようにはなりたいさ、せっかくの脳外病院なんだから。ちなみに、急性期の割に、バリバリ回復期も見れるし家屋評価もできる。ケアミックスだから慢性期も見れるし、神経難病も見れると、中枢系は結構網羅できそう。その辺はアタリ♪